彫刻 【送料無料】超大型ブロンズ製仏教美術毘沙門天四天王55cm銅像 彫刻 仏像 インテリア-仏像

お知らせ2016.08.05

毘沙門天(びしゃもんてん、梵名: ヴァイシュラヴァナ、梵: वैश्रवण, VaiśravaṇaまたはvaizravaNa)とは、仏教における天部の仏神で、持国天、増長天、広目天と共に四天王の一尊に数えられる武神である。また四天王としてだけでなく、中央アジア、中国など日本以外の広い地域でも、独尊として信仰の対象となっており、様々な呼び方がある。

日本では四天王の一尊として造像安置する場合は「多聞天」、独尊像として造像安置する場合は「毘沙門天」と呼ぶのが通例である。庶民における毘沙門信仰の発祥は平安時代の鞍馬寺である。鞍馬は北陸若狭と山陰丹波を京都と結ぶ交通の要衝でもあり古くから市が栄え、自然と鞍馬寺の毘沙門天の本来の神格である財福の神という面が強まり、また9世紀頃からは正月の追儺において、疫病を祓う役どころがかつての方相氏から毘沙門天と竜天のコンビに変わっていったことから無病息災の神という一面が加わる。平安時代末期にはエビスの本地仏ともされ、日本では毘沙門天は甲冑をつけた姿が主流となるがこの姿はエビス神の古い形態でもあり、このことは市場で祀られたことと関係がある。こうして福の神としての毘沙門天は中世を通じて恵比寿・大黒にならぶ人気を誇るようになる。室町時代末期には日本独自の信仰として七福神の一尊とされ、江戸時代以降は特に勝負事に利益ありとして崇められる。

毘沙門天の姿には三昧耶形が宝棒(仏敵を打ち据える護法の棍棒)、宝塔であるという他には、はっきりした規定はなく、様々な表現がある(後述)。日本では一般に革製の甲冑を身に着けた唐代の武将風の姿で表される。また、邪鬼と呼ばれる鬼形の者の上に乗ることが多い。例えば密教の両界曼荼羅では甲冑に身を固めて右手は宝棒、左手は宝塔を捧げ持つ姿で描かれる。ただし、東大寺戒壇堂の四天王像では右手に宝塔を捧げ持ち、左手で宝棒を握る姿で造像されている。奈良當麻寺でも同様に右手で宝塔を捧げ持っている。ほかに三叉戟を持つ造形例もあり、例えば京都・三室戸寺像などは宝塔を持たず片手を腰に当て片手に三叉戟を持つ姿である。

また、中国の民間信仰に於いては緑色の顔で右手に傘、左手に銀のネズミを持った姿で表される。チベット仏教では金銀宝石を吐くマングースを持つ姿で表され、インドでの財宝神としての性格を残している。

独尊、また中心尊としても多くの造形例がある。安置形態としては、毘沙門天を中尊とし、吉祥天(毘沙門天の妃または妹とされる)と善膩師童子(ぜんにしどうじ。毘沙門天の息子の一人とされる)を脇侍とする三尊形式の像(奈良朝護孫子寺、日本最初毘沙門天出現霊場の信貴山奥の院、京都・鞍馬寺、神戸市北区唐櫃の六甲山多聞寺 (神戸市北区)、高知・雪蹊寺など)、毘沙門天と吉祥天を一対で安置するもの(奈良・法隆寺金堂像など)、毘沙門天と不動明王を一対として安置するもの(高野山金剛峯寺像など)がある。

また、天台宗系の寺院では、千手観音を中尊として両脇に毘沙門天・不動明王を安置することも多い(滋賀・明王院像、京都・峰定寺像など)。なお真言宗系寺院でもこの傾向はある。 四天王の1体として北方(須弥壇上では向かって右奥)を護る多聞天像の作例も数多い。その姿は独尊の毘沙門天像と特に変わるところはないが、左右いずれかの手に宝塔を捧げ持つ像が多い。 国宝指定品としては東大寺戒壇堂、京都・浄瑠璃寺、奈良・興福寺などの四天王像中の多聞天像がある。

・高さ:55センチ

・幅:23センチ

・重量:8.9kg

・材質:ブロンズ及び大理石

◆注意事項◆


★在庫数の更新は随時行っておりますが、実店舗でも販売しているためお買い上げいただいた商品が、在庫切れの場合がございます。その場合は、早急にお客様へご連絡をさせていただきます。残念ながら入荷予定がない場合は、やむを得ずご注文をキャンセルさせていただく場合もございます。何卒ご容赦くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

★商品の写真については、自然の光の下で実物を撮影しております。しかし、撮影時の背景、照明、使用機器の影響により色が実際の商品と異なる場合もあります。また、商品の表面の色についてはすべて人工着色しております。できるだけ色の差が出ないよう努力しておりますが、完全に100%同じ色を出すことはできません。ご了承ください。

★ブロンズ商品の形1つに1つの金型モデルとなっています。そのため同じタイプのブロンズ商品の出来上がりの大きさなどはすべて同じです。ブロンズ商品は、精巧な規格を測ることは難しく、とりわけ当方のブロンズ商品は動物のしっぽ、天使の羽、等は精巧に铸造した後、溶接していきます。(この工程によって動きを美しく見せることができます。)この人工溶接の工程時に数ミリの違いが出てきます。そのため、どの商品には多少の大きさの誤差が出る可能性があります。どうぞご了承ください。

★ブロンズ製品は、溶かした銅を型の中に流し込み成形していきます。ブロンズ製品の製作工程は複雑で多くの製造過程を踏んで完成します。特に、成形した後の修整についてはすべて人の手で行っています。そのため完成製品に溶接の痕、細かいザラザラ感、磨きのムラなどがあります。これについては、ブロンズ製品の鑑賞には影響がありません。ご理解いただいた上でご購入ください。

★当方の製品はすべてブロンズを使用したもので、メッキ、樹脂などは使用しておりませんのでご安心ください。

★インターネットでのお買い物は、実物を撮影した写真のみを確認いただいた上での購入となり、実際に実物を確認することはできません。双方が気持ちよくお取引できるよう、よく確認した上で、慎重にご購入いただきますようお願いいたします。

★商品出荷前には検品をしております。もし、お手元に届いた商品に破損などございましたら、ご連絡いただきますようお願い申し上げます。

★在庫がない場合、製品作成中などにおいては、商品出荷まで1週間程度かかる場合があります。商品をご予約いただいた場合は、25~45日かかります。

◆ご購入前に以下を必ずご確認ください。◆


*ブロンズ製品の中には何も入っていないのですか?
→商品と出回っているブロンズ製品は一般的にすべて空洞になっております。中が空であっても質、鑑賞などに影響はございません。中がすべてブロンズで詰まっているものは、大変重く、資源を無駄に使っていることになります。

*ブロンズ製品から音がすることがあります。
→これはブロンズ製品の特性です。製作時に使用するモデルは砂石で作られています。成型し、モデルを剥がした後砂石をおとしていますが、ブロンズ内に多少残る場合があります。

*商品の色が写真のように金色に光っていない。
 →これは、撮影時の光によって金色に光っているように見えます。また、すべての商品の色を100%同じにすることはできません。当方には在庫がほとんどありませんが、最後の工程である色付けを行った直後の場合、色に深みがあることがあります。この場合は、普段やわらかい布で拭いていただくと、だんだん金色に光ってきます。(多少の色の差があっても、現物を大事に磨いて、お好みの色に育てていっていただければ幸いです。)

*ブロンズ製品の台座は天然大理石ですので、若干白いや黄色天然紋がある場合がありますが不良品ではございません。台座の大理石は天然のものであり、100%同じものはひとつもございません。できるだけ商品写真と同じものをご準備いたしますが、商品写真の画像と現物商品の台座が若干異なる場合がありますのでご了承下さい。

詳細はこちら

彫刻 【送料無料】超大型ブロンズ製仏教美術毘沙門天四天王55cm銅像 彫刻 仏像 インテリア-仏像

NEWS


ページトップへ

Copyright © 彫刻 【送料無料】超大型ブロンズ製仏教美術毘沙門天四天王55cm銅像 彫刻 仏像 インテリア-仏像. All Rights Reserved.